持続型美味しい酒(日本酒)の飲み方

「酒を味わうということはどうしたらおいしくいただけるかということに尽きる」

先達の一言が飲み屋で浮かんだ。目の前の客、酒を片手におかずのようにガサガサッと食べた。酒の肴・つまみのこと。お腹を膨らませてからの酒は美味しくないし、折角の美酒が台無しだ。なにも盃の塩辛で飲めというのではない。酒は「食前酒」腹一杯を避け、ほどほどにつまみながら飲めば美味さは続く。

その例が寿司屋。まず刺身を味わいながら酒を飲む。その後に握ってもらうのが筋だ。ワインは「食中酒」食べながら飲む。このワインの飲み方が影響しているのだろうか。日本酒業界の怠慢とも言える。丁寧な飲み方を知らせていなかった。

オヤジの飲み方を見てきた。オヤジは「何杯飲む」というより「何日飲む」という飲み方。ほとんど空酒だったことを覚えているし、酔えばぐでんぐでん。一言も教えられなかった。しかし働いた日本酒会社で躾られた。

今「教えるから追いてこい!」などと言えばパワハラで訴えられるらしい。あ・あ…

(飲み方・食べ方は自由、酒を美味しく飲むための一つでボヤいた)