お好きな器で「いざ 召しませ」

燗の温度で味も変わると言った。酒は気分で飲むものだから好みの器で旨さも増す。普段はコップ酒でチン。手っ取り早く飲(や)っているが、上等の酒や季節に誘われた場合は酒器を取り出してみる。酒を徳利に移す手間もいるが、酒器選びは楽しい。独酌も又いいものなので冷や酒ばかりではなく、燗酒もお勧めしよう。

酒器の中にはべらぼうに高いものもあるが、酒の教科書(?)にはこうある。

「いたずらに高価なものを望むのではなく、心から愛するに足りるものを」とある。

なるほど「愛せないもの」は使わなくなり、自然片隅に追いやられている。

「一合~三合までで使いやすいこと。注ぐとトクトクと流れれば尚良い」

「姿が良く肌が美しいこと。手触り良く離れがたくなるもの」

言うは簡単、するは難し。迷ったり飽きたりで大変だが、多く触れているうち感じがつかめてくるものだ。

まさむねの一合瓶のかはゆさは 珠にかも似む飲むまで居るべし     牧水

※写真の徳利はデブで肌も荒れ野暮ったいが、素朴なとこがいい。李朝末と言うので手にしたがはたしてどうか。杯は信楽で今様。