9月例会「瀬田川・宇治川」を走る(滋賀県/京都府)

スケジュール後半は「瀬田川・宇治川」沿いに大津から宇治に行く。

17日JR石山駅を二人で9:30スタート。

始めからミス発生。駅近くに流れるはずの瀬田川が分からない。元に戻り住民に訊ね20分後に、ようやくカヌーが走る川に出た。

道路下水面近くの自転車専用道を瀬田の唐橋→石山寺→南郷洗堰(10:20)からR422を走り河口に向かう。

眼下に白波を立たせて流れる瀬田川。やがて山が狭まり渓谷となり、一段と冷風が気持ちよくなった。曇空で日射を遮っているのも都合がいい。勾配も気にならずいいことづくめ。

天ヶ瀬ダム着が11:30 宇治はダムから遠くない。坂を下り観光客が溢れる平等院から京阪宇治駅前に11:50

次に行ってみたい国宝宇治上神社?がわからない。腹が立つのはもう懲りた。探して見つからないのであっさり省略して、宇治川の岸辺で昼食休憩。

観月橋を渡り中書島の町に入る。運河の袂の柳が古風な建物とマッチし、風情を醸している。

京阪伏見桃山駅商店街の食堂「富士」に着いたのは2時前。時間のゆとりに京都一古いという餃子を肴に地の酒を堪能。別のラーメン店で腹を満たし車中で寝るべく各停に乗った。

京橋駅で又ドタバタ。直結していたはずのJR駅がない。重い🚲を肩に構内を探すこと半時間、酔いも覚めた。京阪駅を出なければJRには行けないのだ。

合併症「アルチュウハイマー」だ。

参加者:仙石和博 小出登

次回:近江商人の町(滋賀県日野町→五箇荘町)を行く 10月21日