4月例会 湖北を走る(滋賀県)

23日は湖北(北琵琶湖)を米原から北上し、塩津付近から南下して近江今津まで走る。出発は10:00、天気上々だが向い風が強い。道路のブルーラインは車との区分、又進行方向を示す。部分的に街路樹で自転車は守られているので安心だ。左手は波打ち際、しぶきも上がるが新緑が瑞々しい。青空と汗も出ない14、5度の澄んだ空気。これまで被った悪天を帳消しにする絶好の日。

長浜城前に10:50。弁当を買えなかったので、大回りで高月町のコンビニ(12:30)に寄って湖岸に戻る。昼食は景色のよい場所と決め、賤ヶ岳トンネルを越え飯浦漁港の堤防で昼休憩。

近江塩津のガススタンドで、海津大崎付近での土砂崩れを知る。この辺りも大の景勝地だが、通行止めでは仕方なし。山にかかるトンネル二ヶ所を越え近江今津に向かう。そのうちの奥琵琶トンネルは長いので、危険を察知し歩いて通過。爆音を撒き散らすあほバイク。大型トラックの恐怖に耐えれば念願の下り坂。スピード違反でも叱られない。人通りが途絶えた古い町並みが続く高木浜、知内浜、今津浜を抜け今津港に着が16:35。期待した桜は案の定終わっていた。最後まで天気はもったが、向い風もつきまわった。

参加者:大津隆 仙石和博 近藤泰央 白川大輔 畑中浩子 小出登 

救命救急センター:?(高槻市)

次回:5/28 由良川を下る(京都府)