2016年5月りんりん例会 京都桂→奈良木津川堤を走り西大寺へ

このルートは10年ぶりだ。だが今回は嵐山をカットして阪急「桂駅」から出発する。理由は自転車が重いから乗り換えが辛い。
駅前9:25を東に走り「桂川」を目指すが、500m程で堤に出る。
「桂川」の自転車専用道を南下して「木津川」との合流点に向かう。
やや向かい風。快晴、太陽は眩しく日差しは強く感じた。
先行する三人を追いペダルを踏むが、やがて消えていく。
それも可だしマイペースを守ることが肝心、要所々で待っていてくれるのでいい。
ジョギングやウォーキング、自転車ツーリングの男女の往来が多い。
ブームだろうがかなりの高齢者が自転車に乗るのは驚いた。
[相手も同じように見ている……]
久世橋→久我橋→羽束師橋を見ながら京滋バイパスを越え、「宇治川」を渡るとすぐ「木津川」だ。
御幸橋のたもとでたむろする、カラフルなサイクリストに混じり休憩。10:35
桂駅から一時間+で到着した。
川越しの小高い山に「男山八幡宮」が。

木津川大橋を通過11:05。更に日差しが強まって喉の渇きも激しい。
玉水橋で昼を知らせるサイレン。
食堂を探すべく堤を下り、県道沿いの中華店で注文したのは「冷麺」。
水をがぶ飲みして、麦汁の誘惑を振り切ったのは意外だろう。が、悔し涙も振り切っている。

ハイピッチで予定が狂うが、とりあえず「平城宮跡」を見てから近鉄「西大寺」駅に行く。
村落の狭い道を抜け「歌姫街道」を走って坂を登ると、右手に巨大な「大極殿」が表れた。
パンフに解説者付で無料は立派。早く復元した建物等を見てみたい…… 。

急行が「布施」に止まらず「鶴橋」で下車。
馴染みの屋台で出会った遊山会員に誘導され、肉を買い自分で焼く店にハシゴ。再び盛り上がったが窓の外はまだ明るい。
参加者:大津 隆 荒木 俊彦 仙田 俊博 小出 登
救急救命センター:土井商店→自分で焼く焼肉店 大阪鶴橋

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です