2013/9月〜12月 ハイキングカレンダー

9月例会 上杉尾根から妙見山へ (兵庫県)
能勢の妙見山(660m)は山頂に北極星を祀る社や日蓮宗の本山などがあり、信徒や避暑客に昔から親しまれてきた。
頂上付近のブナ林も珍しく新緑・紅葉の時期には多くの登山者や観光客を集める。
出発点は能勢電鉄の「妙見口駅」。
徒歩で「妙見ケーブル駅」へ向かい途中から「上杉尾根登山口」に。
農道から山道に入り尾根道を登って行くが、木々に囲まれた道は日差し避け,暑さも凌げよう。
「八丁茶屋跡」の広場を過ぎると山頂駐車場だ。山頂には土産物店,食堂、宗教施設などが建ち並びにぎやかだ。
下山は谷筋の「新滝道」を1時間弱程歩き、麓の「妙見ケーブル駅」に向かう。
日時:9月23日(祝)阪急夙川駅7:50又は能勢電妙見口駅改札口前9:20集合
夙川駅発7:59→(西宮北口・宝塚経由)→川西能勢口駅8:45→妙見口駅9:12着
その他:弁当持参(山頂に食堂あり) 雨天中止
注)阪急から能勢電車への乗り換えは川西能勢口駅で。
電車は「日生中央」駅行きと「妙見口」駅行きとがあり、
「日生中央」行きの場合は「山下」駅で乗り換えること。

10月例会 無動寺坂を登り比叡山へ (滋賀県)
比叡山の登り口の一つ「無動寺坂」。琵琶湖側から取り付き急な登りが続くが、本来この道は修行する行者が駆け抜けるためのもの。
修行の途中でこと切れた行者もいる という坂に挑戦だ。
「比叡山ケーブル」乗り場から南に下って無動寺坂の標識を右折、しばらく行くと階段を登るようになり数本の沢を越すと僧坊が並ぶ「無動寺」に着く。
休憩後は「明王堂」から「弁天堂」へ下り東海自然歩道を行く。
さらに「円頓寺跡」から「石鳥居」へ。「比叡山ドライブウエイ」をホテル「ロテル ド 比叡」を目指す。
日時:10月14日(祝)JRさくら夙川駅8:10又は芦屋駅8:20集合
芦屋駅発8:29(新快速近江今津行き)→尼崎駅発8:37→
大阪駅発8:45→比叡山坂本駅9:30着
その他:弁当持参 雨天中止

11月例会 旧花背峠を行く (京都府)
紅葉ハイキング、今年は京都北山「旧花背峠」を歩く。
記事を借りれば「北山の魅力は山深くにひっそりとうずもれる山里と峠道の風情につきるだろう。
その最たるものは、旧花背峠から京見坂を越えて芹生(せりょう)の里に至り、さらに芹生峠を越えて貴船に出るコースである。峠付近が山城の国と丹波の国の国境になっている。」 高城 修三 WALK 2001秋冬号 山と渓谷社
コース概略は京阪「出町柳」駅から電車で「鞍馬」駅へ。
バスに乗り換え「峠下」下車。深い森の中を「旧花背峠」から「芹生の里」へ歩いて、再び「芹生峠」を越え「貴船神社」に向かう。
時間があれば水に浸し占う「水占」もしてみよう。ゴールは叡電「貴船口」駅。
日時:11月24日(祝)阪急夙川駅7:45又は京阪淀屋橋駅改札口前8:30集合
夙川駅発7:52→地下鉄梅田駅発8:19→淀屋橋駅着8:21
淀屋橋駅発8:40特急→出町柳駅9:36着 叡電出町柳発10:00→鞍馬駅
10:30 鞍馬発バス10:44→峠下下車
その他:弁当持参 雨天実行
注)混雑が予想されるので淀屋橋からの特急は分散して乗ろう。

12月例会 壺阪寺から高取山へ (奈良県)
高取町は奈良県明日香村の南に位置し、お里・沢市の物語「壺阪霊験紀」で有名な「壺阪寺」の町でもある。
又、高取山(583m)にはかっての山城「高取城」が壮大な石垣を残してそびえ、ここから望む宇陀や吉野の山々など見晴らしがいい。
麓の城下町に現存する家老屋敷や古い町並みが風情をかもして、登山後の散策も楽しみだ。
近鉄「壺阪山」駅下車、徒歩又はバスで「壺阪寺」へ。
参拝後は道路を暫く歩き五百羅漢像などを見ながら林道を1、5時間程登ると高取山で紅葉も残されているだろう。
日本一ともいわれる「高取城」跡。石垣の規模や山城の生活などを忍んだら森の中を下って高取の町を目指す。
日時:12月8日(日)阪急夙川駅7:45又は近鉄阿倍野橋駅改札口前8:40集合
夙川発7:52→地下鉄梅田発8:19→天王寺8:33着(近鉄阿倍野橋駅へ)
近鉄阿倍野橋発8:50急行吉野行き→壺阪山駅9:37着
その他:弁当持参 雨天中止

注意:1 計画は25年5月現在のもの。
行き先、時刻等は変更することがあるので要注意(要問い合わせ)。
短い乗り換え時間に余裕を。
2 天候判断は前日の19時。急な天候変化のため雨具を用意。
3 自己責任。
行動中の傷害や損害等は会、および参加者は責任を負わない。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です